水処理設備設計・施工

AMESYS MBR SYSTEM

活性汚泥を利用した、今最も有効な水処理システムを提供いたします。アメシス・メンブレン・バイオ・リアクター・システムは、省スペース・省エネルギーでありながら高い処理能力を有する汚水処理システムです。

AMESYS MBR System

アメシスは、MBRで水処理システムを提供いたします。MBRとは、membrene bioreactorの略で膜分離活性汚泥法を指します。膜処理では、精密ろ過膜(MF=マイクロフィルター)や限外ろ過膜(UF=ウルトラフィルター)を使用します。

■ろ過膜の概要

精密ろ過膜は、ろ過孔径が0.4μm、限外ろ過膜は、0.1μmとなっています。処理能力によって使い分けられます。一般的な活性汚泥処理には、精密ろ過膜が使用されます。これは活性汚泥が10μm程度であり、大腸菌も0.6μmで精密膜ではこれらを通過させない孔径だからです。
これによるBODは、1mg/?以下となり、処理目的である浄化能力が十分であるといえます。
精密ろ過膜は、食品分野でも使われており、ビールの非加熱処理、果汁の濃縮などに利用されています。


※画像をクリックすると拡大します。

■フロー図


※画像をクリックすると拡大します。

■アメシスの膜処理技術

膜処理技術は、ここ25年ほどの技術です。アメシスは、膜の歴史に精通しています。とくに下水処理では、膜の目詰まりによるメンテナンスコストが問題視されたこともありますが、きめの細かい制御によって、インラインクリーニングの効率が上がり膜の寿命も大幅に上げることにも成功しました。

AMESYS MBR System仕様
処理方式: 膜分離活性汚泥法
処理水量: 20?/日~数十万?/日(理論上無限)
処理能力: BOD5mg/?以下
付帯品: 制御盤(PLC、タッチパネル、インバーター)・吸引ポンプ(真空ポンプ)・薬品ポンプ、タンク・希釈水ポンプ、タンク・電磁流量計・圧力計・電動弁(吸引・薬液洗浄・配管洗浄)等